カガエ和漢クレンジングの効果が口コミで大評判!?敏感肌に和漢の力【送料無料】

カガエ和漢クレンジングの効果がなぜ口コミで大評判!?敏感肌に和漢のチカラ

◆和漢のチカラ◆

日本人には、程度の差こそあれ、銀間肌の女性がたいへんに多いと言われています。無添加や天然100%、厳選素材をうたった化粧品はちまたにあふれていますが、いざ使ってみると肌に合わなかったり、期待していたほどの効果が得られなかったりと、残念な想いをされた経験があるのではないでしょうか。

「肌にやさしい化粧品」は無難な成分の配合に終始して、ポジティブなスキンケアからはどんどん遠のいています。

洗顔さえ刺激になる敏感な肌へ。漢方専門店の視点からアプローチする、まったく新しいクレンジングが誕生しました。かゆみ、乾燥、赤み、ヒリヒリ感で悩んでいる女性に、ぜひおススメしたいW洗顔不要のポジティブなスキンケア新提案です。この東洋で生まれた和漢のチカラが、かつてない感動へと導いてくれるでしょう。

☆敏感肌の原因はこれ!

「外敵刺激」

紫外線やほこり、花粉、細菌による外的刺激により、角質層の機能が低下し、敏感肌に。

「ストレス」

過剰なストレスや生活習慣の乱れは肌への栄養を滞らせ、敏感肌をつくるきっかけに。

「アレルギー」

体質の場合は皮膚科のパッチテストでアレルギーを起こす成分を調べ、刺激になる成分を含まないケアアイテムを選ぶことが大切です。

「スキンケア」

洗顔のゴシゴシ洗いや化粧水のパッティングで肌を摩擦すると、角質層の表面を傷めてしまいます。

☆こんな人はさらに用心!

洗浄力の高い洗顔料を使用している
ティッシュやコットンで肌をこすっている
過剰なマッサージ、スクラブ入り化粧品を使用している
乾燥している部屋で長期滞在している

☆敏感肌と向き合う3つのこだわり

●敏感肌向けのシンプルステップ

肌への負担を減らすため、シンプルステップを追求。クレンジング、化粧水、乳液だけで肌を整えられる低刺激スキンケアとして「カガエ敏感肌ケアライン」は生まれました。

●漢方専門店による和漢植物

漢方相談実績、年間10万人以上の漢方専門店「薬日本堂」が長年の経験を生かし、敏感肌のために選んだ和漢植物が配合されています。肌に刺激となる5つの成分は使っていません。

●クレンジングで自然な肌状態へ

スキンケアでー番肌の状態を左右するのがクレンジング。泡立てて汚れを落とすのではなく極力泡立てないことにより、肌の保湿力を維持し、自然な肌状態へとサポートしてくれます。

☆敏感肌と向き合う3つの特徴

●敏感肌を整え、肌荒れを防ぐ4つの和漢植物工キス

エイジングや春夏秋冬の影響を受けても、しっとりと潤った自慢の肌でいられるように。保湿成分として知られる4つの和漢植物工キスを組み合わせることで、十人十色の敏感肌に低刺激の潤いを届けてくれます。

●肌への刺激を減らすためにダブル洗顔不要

化粧水のようなサラサラとした使用感で汚れを浮き上がらせ、こすらなくても毛穴の奥の汚れまですっきりと落とします。クレンジングと洗顔がー度に完了するため、肌の潤いもしっかりキープ。

●余計なものは極力人れない5つの無添加

「余計なものは極力入れないで、肌に必要なものを配合する」がコンセプト。できるだけ肌にやさしくマイルドで、刺激を感じることがないように、肌にダメージを与える成分は使っていません。クレンジングリキッドは、「鉱物油フリー」「合成色素不使用」「パラペンフリー」「合成香料不使用」「紫外線吸収剤フリー」です。

カモミールのやわらかな香りです。合成香料を使用していないので、強い香りが気になる人でもストレスなく使えます。

☆初回体験モニター募集!

今なら、カガエモニターセット申し込みで、初回限定「たっぷり7日分」500円(税込)【送料無料】で購入、お試しできます。

※セットの内容:カガエ マイルド クレンジングリキッド アルミパウチ/7包

カガエ和漢クレンジングが口コミで大評判!販売サイトへ

カガエ和漢クレンジングの敏感肌潤い効果が口コミで大評判!和漢薬って何?もっと詳しく知りたい!

和漢薬

和漢薬とは、和薬と漢薬の総称を意味しています。「和薬」が日本の民間で開発された生薬のことで、「漢薬」が中国の中薬で開発された生薬のことです。

では、生薬と漢方薬についてご説明しましょう。

生薬とは、自然界に存在する「薬効成分があるとされるもの」の全てで、植物に由来するものや動物に由来するもの、あるいは細菌や鉱物に由来するものまであります。

西洋医学で用いる医薬品との大きな違いは、天然の素材をほとんど加工しないと言う点でしょう。形や大きさをそろえる程度か、乾燥させて腐敗や劣化を防ぐ程度しか手が加えられません。化学的に有効成分を取り出すのではなくて、そのまま経口摂取するか、多くの場合は煎じたエキスを飲むことになるのでした。

漢方薬とは、この生薬を複数種類組み合わせたものなのです。東洋の長い歴史の中で培われたさまざまな配合によって、人体のあらゆる部位の病気や障害に働きかけてくれるのでした。古来から日本の医療を支えてきたのも、対馬などを通じて輸入された生薬による漢方の処方だったのです。

ただ、あくまで自然界に由来するために、産地などの条件や環境の変化によっては、有効とされる成分の含有量が安定していません。体質改善が前提の、穏やかな効き目であるであることも軽視される原因となって、明治の文明開化と共に押し寄せた欧米化の波によって、次第に医療の主役の座から追いやられてしまったのでした。

現代ではその有効性が大きく見直され、健康保険が適用となる生薬や漢方の処方も治療の現場で多く使われています。しかし、中には、肝臓に多大な負担をかけてしまう漢方もあるので、治療として用いる場合は、専門医の診断とアドバイスが欠かせません。

カガエ和漢クレンジングの潤い和漢植物エキス

「コプチスチネンシス根茎工キス」

キンポウゲ科オウレンの根茎から抽出されたエキス。

「クチナシ果実工キス」

アカネ科クチナシの果実から抽出されたエキス。

「オウゴン根工キス」

シソ科コガネバナの根から抽出されたエキス。

「キハダ樹皮工キス」

ミカン科キハダ属の樹皮から抽出されたエキス。

ヒトパッチテストとは?

検査用の薬剤を塗った専用絆創膏を肌に貼り付け、アレルギーの反応が起こるかどうかを調べるテストです。金属アレルギーの場合は、主に歯科でインプラントを行うために使われて来ました。金、銀、銅、白金、亜鉛、鉄、水銀、アルミニウム、コバルト、スズ、パラジウム、マンガン、インジウム、イリジウム、クロム、ニッケル、の16種類を含みます。ピアスとの相性を確かめるのにも利用されて来ました。

基本的には背中に貼って、2日後、3日後、7日後の状態を調べます。検査中の2日間は入浴ができません。かゆみが出ても剥せないので、汗をかいて蒸れたりしないよう、スポーツや過度な運動は厳禁です。

アルコールのパッチテストは20分もかかりません。市販の消毒用アルコールをガーゼ付の絆創膏に浸み込ませ、上腕の内側に貼って7分後に肌の変色を確認します。さらに10分後、もう一度変化の有無を診るものでした。

スティンギングテストとは?

スティンギング(stinging)は「ピリピリ・ヒリヒリ・チクチク感」を意味していて、ステンギングテストとは、「ピリピリした刺激が起こらない」ことを確認するための検査です。持続的なかゆみや浮腫のような炎症性の反応ではなくて、化粧品をつけた直後の一過性で消える肌の反応の有無を調べるというのが目的です。スティンギングは、主観的な刺激で、目で見て分かるような炎症を伴わないため、ヒトパッチテストでは評価することが困難なのでした。

敏感肌の人が被験者として選ばれます。スティンギングテスト(顔面皮膚刺激感試験)では、被験者の顔に対象となる化粧品を塗布して、ピリピリ感や不快に感じる症状があるかどうかを自己申告してもらい、製品のスティンギング発性の有無を判定します。この判定にパスすれば、敏感肌の人でも安心して使えると言うわけでした。体調や季節によって、普段は何も刺激を感じない化粧品から、急に不快な刺激を感じるようになったり、他の製品を使ってもピリピリ・ヒリヒリするくらい突然敏感肌になっていることがあります。こうした場合も、製品に「スティンギングテスト済み」と表示されているものを選ぶと良いでしょう。

ただ、スティンギングテストそのものには、公的なガイドラインや認証機関はありません。あくまでメーカー自身の判定ですので、客観的な保証を伴うテストでないことも承知しておいて下さい。

このページからも「カガエ和漢クレンジング」オフィシャルサイトへリンクが貼ってありますので、ご紹介した基礎的な知識を参考に、初めてでも安心なさらなる嬉しい情報を是非じっくりとご覧になってみて下さい。



「アトピーに良い温泉の選び方」

国内の温泉は、大まかに言えば11種の泉質に区別されています。このうち、アトピー性皮膚炎の治療に効果があるとされているのは、単純温泉・硫酸塩泉・酸性泉・炭酸水素泉・塩化物泉・含鉄泉・硫黄泉・放射能泉(ラドン泉、ラジウム泉)の8種です。一番お奨めなのが酸性泉。小さなお子さんの場合は、比較的刺激の少ない単純温泉(名湯と呼ばれる温泉に多い)からトライしてみるのも良いでしょう。酸性泉がお奨めなのは、アトピー肌で悪さをする黄色ブドウ球菌を殺菌する作用があるためで、副作用の強いステロイド剤に頼っている状態であれば、体調をみながらですが、1日3〜4回に分けてのぼせないくらいの入浴を繰り返してみて下さい。

もちろん、泉質が肌に合わなかったり、源泉かけ流しなどで湯温が高すぎたりすれば、かえって症状を悪化させる可能性があるので、温泉との相性によっては思い切って入浴を中止すべき場合もあるでしょう。

同じ温泉地であっても、山側に源泉があるお宿と海側に源泉のあるお宿で泉質に違いが生じていたりもしますので、予約する前に直接施設へ確認なさってみて下さい。数か月も長期滞在する湯治に比べたら、一泊二日程度の温泉旅行は気休めに過ぎないのかも知れません。それでも、心の癒しが、きっと良いリフレッシュ効果を与えてくれるでしょう。



「UV(紫外線)対策の基本」

気をつけたいのは使用量。どんな日焼け止めを使うにしても、塗りむらがあったり、決められた使用量を守らなかったりすれば、正しいUV対策をしているとは言えません。「気休め」にならないよう、基本をおさらいしておきましょう。

手順

@ 日焼け止め化粧品の適量を手のひらへ。適切な量を使わなければ、UVカットの効果はありません。
A 二本くらいの指先(中指と薬指)で、まずは顔全体に隙間なくのばして下さい。メンドウでも塗りむらがあれば、その部分だけがシミになる可能性があります。クセのようなもので、いつも同じ場所が塗られていないことが多いのです。ふだん髪の毛に隠れているおでこや耳の周りもデンジャラスポイントでしょう。
B 次に、日焼けしやすいとされる頬骨や鼻のあたりに重ね塗りをしていきます。この場所が張り出しているためで、丁寧にカバーして上げて下さい。
C UV対策の仕上げは、パウダーファンデーションです。ただ、1〜2時間ほどの外出であれば、ファンデーションだけでもかまいません。もしあなたが敏感肌なら、より刺激の少ないルースパウダー(粉おしろい)を試してみても良いでしょう。
D 長時間の外出や汗をかいた時など、化粧くずれしてきた場合はもう一度塗り直して下さい。UV対策に油断は禁物。化粧くずれした肌は、紫外線のかっこうなエジキとなります。

※但し、真夏の海水浴や冬のスキー場など、強烈な紫外線をあびる際などは要注意です。あなたがノーマルの肌ならSPF50・PA+++、敏感肌でも SPF30・PA++の高レベルの化粧品がおすすめです。もちろん無添加のものを選びたいところですが、1〜2日の使用であれば、UVカットにすぐれた吸収剤入りのものでも良いとされています。

カガエ和漢クレンジングが大評判!利用者の効果への口コミ、やや辛口のコメント

「私はアトピーと水泡症でいろんなものを試してきましたが、けっきょく皮膚科の治療を受け続けています。一時は入退院を繰り返して、お金の面でも精神的にも家族を巻き込んで、精神科へも通うようになりました。敏感肌用のものは確かに低刺激ですが、スキンケアとなるとぜんぜん物足りません。カガエは通院で知り合った方から教えていただきました。彼女の場合、会うたびに顔全体がキレイになってるのが分かったんです。まだ半信半疑ですが、アドバイスにあった洗顔方法も実践してるので信じて続けてみたいと思います。」(30代/オフィス勤務)

カガエ和漢クレンジングが口コミで大評判!販売サイトへ

このページでは、スキンケアをご希望の敏感肌やアトピー肌の方々が安い価格や料金でカガエ和漢クレンジングの通販や申し込みが出来るように、楽天やamazonなどのショッピングモールの販売店を調べ、激安、格安、最安値、送料無料、代引き、コンビニ後払いOKで購入出来るかどうか、無料、お試し、トライアルキッド、トライアルセットがあるか、ポイントはあるか、値引きはあるか、返金、返品保証、保障はあるか、などの情報を紹介する予定です。カガエ和漢クレンジング公式サイトやブログ、コマーシャルやCM、コンビニ、専門店、動画などを情報源に、Twitterの口コミ、facebookのクチコミ、スキンケアに関するブログ、レビュー、敏感肌、アトピー性皮膚炎、デリケート、肌が弱い、パラペンフリー、無添加、糜爛、水泡症、荒れやすい、ステロイド、かゆみ、痛み、酵素、若返り、すべすべ、陰、化粧、キレイ、肌、スキンケア化粧品、美容液、化粧水、脂性肌、年齢肌、混合肌、敏感肌、アトピー肌、クレンジング、オイル、洗顔、メイク落とし、つや肌、うるおい、ハリ、ほうれい線、目じり、シワ、たるみ、浸透力、ミネラル、エイジングケア、アンチアイジング、お手入れ、美肌、美白、素肌、頬、顎、額、小じわ、もっちり、しっとり、フェイスライン、フェースライン、くすみ、シミ、そばかす、皮脂、食べ物、皮膚科、石鹸、毛穴、中学生、高校生、BBクリーム、即効、速効、口もと、肌荒れ、角質、ビタミン、栄養素、コラーゲン、ペプチド、オールインワン、パラペンフリー、ゲル、ジェル、セラミド、ヒアルロン酸、グルコサミン、コンドロイチン、モイスチャー、モイスト、アルブチン、レチノール、エキス、トラネキサム酸、エラスチン、ローヤルゼリー、透明感、質感、真皮、角層、幹細胞、保湿、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、作り方、服用方法、サプリ、デコルテ、女性用、首、ぶつぶつ、ぽつぽつ、原料、材料、素材、安全性、有効性、天然、自然などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、結果、成果、簡単、手軽、春、夏、秋、冬、梅雨、真夏、真冬、紫外線対策、加齢、年齢、アラサー、アラフォー、アラフィフ、信憑性、効果なし、効果ない、嘘、詐欺、被害、隠ぺい、偽物、紛い物、唇、すっぴん、メリット、デメリット、男性、メンズ、10代、20代、30代、40代、50代など、ケースによっては人気ランキング形式などで比較しておすすめして行きます。オークション情報(ヤフオクなど)、在庫、在庫有り、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、動画、スキンケア大学、NAVERまとめ、アットコスメ(@COSME)、VOCE、Domani、Grazia、MISS、女性誌などからの情報やスキンケア大学、テレビ、雑誌、週刊誌の話題、特集、記事についても調査して行きます。

ライブチャットを始めるには?はコチラ